RSS

新車購入時に気をつけるべきトラブルの回避

DSC_0574

様々な交渉の後、いざ新車の購入になりますが、この時に起きやすいトラブルがあります。
購入者側が起こしやすいトラブルと、ディーラーなどの販売者側が起こしやすいトラブルがあります。
ディーラー側が起こすトラブルに対して、予め購入者側が対策していくことはできませんが、自分が起こす可能性があるトラブルについては気をつけておくことができます。

購入時に起こりがちなトラブル

購入時に購入者側が起こしやすいトラブルは、キャンセルにまつわるものです。
キャンセルが可能な時期と受け付けられない時期があります。
原則としては申込書を書いた時点でキャンセルは出来ませんが、すぐにお知らせすればまだ間に合うときはあります。
ナンバープレートを取得してしまった後はキャンセルが出来ませんし、オプションが注文生産ですでに生産に取り掛かっていればキャンセルが原則としてできないでしょう。
申込書を書いて商談が成立となった時点で、販売側は納期に向けてさ生ざまな発注をかけます。
キャンセルのタイミングによっては大きな違約金の発生も免れません。
違約金を支払うことでなんとかキャンセルが出来る場合もありますが、その違約金もキャンセルの時期によって違ってくることは当然あり得ます。
キャンセルの意思がなかったにしても、申込書を書く時点で、キャンセルについての説明をうけ、理解しておかなければなりません。

キャンセルの例

例えば現金で新車を購入する事を前提として、申込書に記入した後で、現金を入用ができ車に回すお金が出来なくなったとします。
この場合購入者側はキャンセルを考えますが、すでにキャンセルが効かなくなってしまっている時期に差し掛かってしまっている時には、トラブルとなってしまいます。
ローンを組んでいるのであれば、販売会社の方がお金を握った格好になっていますが、現金購入の場合はまだ一銭も、もしくは手付金以外、販売側は手にしていないことになります。
手付金は返還しないということができますが、それ以上の損害も出る可能性もあり、出来ればローンにするないしして、購入してもらえないだろうかという提案を行って来ます。
それでも購買する意志がなくなっていたり、出来る状況ではなくなってしまったときには、そこから話し合いにするしかないということになります。
販売者側に大きな損害が発生する可能性は高いのですから、ある程度の譲歩する姿勢がお互い必要となります。

DSC_0642

販売者側が起こしがちなトラブル

納期に関するもろもろが、販売側が起こしがちなトラブルです。
約束した納期が遅れるということがあります。
注文を受けた車の色と、いざ販売店に届いた車の色が違うことなどは、意外とよくあることで、こうなると発注をし直すこととなり納期は自ずと遅れる可能性が出てきます。
色のみならず、発注した部品が間違って届く、オプション品が違うなど、発注にまつわるトラブルの可能性は様々ですし、それらのトラブルは納期を圧迫しかねません。
納車日を購入者が楽しみにしていることは販売側もよくわかっていますので、納期が遅れることは頭をかかえるトラブルです。
お詫びに訪れてくれますし、ちょっとしたお詫びの品なども付けてくれてりするので、落胆のなかにもちょっと嬉しいことがオマケについてきたりします。