RSS

試乗会の勧め

DSC_0892

新車を購入するときのおおよその流れとしては、まず販売店に出向いてみるということになります。
インターネットや雑誌などでどんな車があるのかを調べ、ザックリでもいいので自分の好みの車はどんな車なのか、頭に描きましょう。
興味がある車が決まったら、その車があるディーラーに販売店に実際に行ってみます。
そこでカタログを貰ってみることも必要ですが、対応してくれた営業マンが基本的に担当となります。
この営業マンに好感が持てそうかどうかというのも、案外大きな問題です。

事と次第では、同じ自動車メーカーのディーラーでも

一番初めに対応してくれた営業マンが、ずっと担当になると考えられます。
ヒトとナリに好感が持てるかということに加え、自社の車に対しての愛情が強かったり、車についてちゃんとした知識があるという人は、後々も親身にお世話してくれる傾向があります。
事と次第によっては、そのメーカーの車を買うことに決めたとしても、営業マンとの相性が悪そうだと思えば、違う街の同じディーラーに行くことも範疇です。
そこで出会った営業マンに好感が持てれば、そっちで購入するのが正解ということが多々あります。

DSC_0854

試乗会にいってみよう

見た目と車の乗り心地は全く別のものです。
外観が気に入ったとしても、実際に乗ってみると、自分の好みの乗り心地ではないということもあります。
試乗会などに積極的にでかけ、ちゃんと乗り心地を確かめてみるということをお勧めします。
「直ぐに買わされるのではないか」と心配することはありません。
車は高価なものですから、その時にある程度のセールスはしたとしても、ふたつ返事で買っていっただけるものではないことを営業マンも知っています。
試乗会の時はできるだけその車の良さを知ってもらうためのトークに徹している場合も多いので、あまり気にすることはないでしょう。
車の営業はかなり気の長い営業です。
自分のお客様になっていただくために何年も待つなんてことは、珍しいことではありません。
試乗会で畳み込もうなどと考えている営業もディーラーも、まず皆無と思っていいでしょう。
オススメを断ったとして、それが普通のことです。

試乗会で確かめること

車の個性は、ハンドリングやドライビングポジション、足回り、ブレーキイング、死角などの部分に特に現れます。
試乗したときには、この運転の感覚と乗り心地に関する車の個性を確かめましょう。
試乗会で乗ると、ついつい気分が良くなってしまうのが常です。
購入経験がないと特に何でもかんでも良く見えてしまうものですが、そこはシビアな判断が必要です。
試乗会の雰囲気は、ついつい購入したい!という気持ちに流されてしまいがちです。
ここをグッと抑える意味でも、他に気になっている車の試乗会にも行ってみるべきです。
そして、自分が納得出来る車選びが出来るように、自分でコントロールしましょう。
お高い買い物で後々後悔するのは、あまり自分で気分のいいものではありません。