RSS

新車を購入するときはもしもの場合に備えて任意保険にも加入しよう

新車を購入すると、諸費用の他に、必ずしも加入しなければならない訳ではないのですが、任意で加入する自動車保険の加入を強くお勧めします。法律により、定められていてる自賠責保険強制的に加入させられるのですが、もしもの時に、自賠責保険の補償額を上回った賠償額の請求をされたらカバー出来ません。被害者救済を目的としているため、自車の同乗者は保障できず、相手の対人賠償だけなので、物損事故にも適用されないのです。単独事故や自動車同士の事故で、自分の自動車を壊しても、補償は受けられないのです。

NONE

これらを補うため、任意保険の加入は必須と考えます。買い替えならば別ですが、新規購入であれば、保険代理店でもあるディラーも必ず加入を勧めるでしょう。自動車を運転するドライバーの常識として加入しましょう。結果的に被害者だけではなく、自分を守ることに繋がります。

対人賠償保険

自動車事故により、他人を負傷させあるいは死亡させて、損害賠償責任が発生したときに、自賠責保険で支払われる金額を、超える部分に対して上乗せして保険金が支払われる保険です。現在、賠償額が億単位と高額なので無制限で契約すると安心です。

搭乗者傷害補償保険

自動車を運転中事故を起こし、運転者自身と、同乗者を、あらかじめ設定されている上限内において、過失割合が100パーセントでも保険金が支払われる保険です。

人身傷害保険

搭乗者傷害補償保険と内容が似通っていますが、契約時に決められた保障額の範囲のなかですが、上限が無く、全額保険金が支払われる保険です

対物賠償保険

自動車事故により、相手の自動車や道路設備、家屋などに損害を与えた場合支払われる保険です。ます。店舗など営業損失も併せて補償されます。営業損失の補償は高額になりやすいので、保険金額を考慮する必要があります。

車両保険

自分の自動車に損害に対して、契約時に設定されている範囲の中で、全額補償を受けられます。台風、洪水の損害や自損事故においても全額保険金が支払われる保険です。
車両保険は全般的に高いので、免責などを設定して低減をはかることが出来ます。保険料は購入額ではなく、初年度登録年月で設定されます。新車購入時には関係ないのですが、間違いやすいので念のため、しるしておきます。

自損事故保険

運転者が事故の過失によって引き起こしてしまった事故による、同乗者が負傷や死亡した場や、後遺症、介護費用を、あらかじめ定められた上限内で、保険金が支払われる保険です。

保証内容

保険会社各社は独自に商品である保険を決めていて、保険会社によって保険の内容や条件が少しづつ違いがある場合が多いので、自分が加入する保険の契約内容を、面倒がらずによく読むようにします。保険料もセット内容や免責を利用するなどの工夫も相談して、予算に近づけるのも良い方法ですが、あまり削って、保障額を下げるようなことは絶対に避けましょう。