RSS

新車を安く買う方法

新車を購入しようとする場合、自動車の価格はとても高額ですので、出来るだけ安く、1円でもより安く購入したいと考えるのは、昨今の実体経済を鑑みても、至極当たり前のことです。値引きを要求することは当然の権利と心得て、臆することなく、交渉に臨みましょう。対する営業マンもその辺のことは、充分承知していますから、余程、無茶で強引な値引きをしない限り、納得のいく良い結果を提示してくれる可能性があります。高額商品なだけに、ちょっとのことで数万円の差が出ます。特をするのも、損をするのも自分次第です。頑張りましょう。参考として、自動車の購入の際、一般的にいわれている手段や時期を記しておきます。

事前準備

購入したい車種のことを前もって調べましょう。他にも候補の車種があれば、そちらも調べます。今の時代、強力なツールであるインターネットを駆使し、情報を集めれば、交渉を自分に有利な方向に進めることができるでしょう。
対象車種のグレード別に調べることも大事です。交渉の成り行き次第では、グレードアップが出来るかもしれません。

どこで購入するのか

自動車を購入出来るところは、カーディラーだけとは限りません。
中古車だけではなく新車を合わせて売る中古車ディラー、組合などの団体と最初から有利な条件で提携したディラー(組合などの紹介)、最後に修理工場などと提携した、メーカー、車種を問わず販売する業者(購入後はメーカー系ディーラーが保証)があります。

どちらも一長一短があり、選択肢のひとつとして紹介しておきます。

いつ購入するのか

一般的に決算期やボーナス後の3月と9月が大幅に値引きしてもらえるチャンスがあると言われています。ノルマが達成できないディーラーは無理をしても値引きする場合があるからです。

その他、キャンペーン時も狙いかもしれません。急がないのであれば、その時期に合わせて、購入するのも賢い方法でしょう。モデルチェンジ、マイナーチェンジ前も大いに期待できる狙い目でしょう。

商談

事前の準備が終わり、どちらかのディーラーに直接出向くのか、電話連絡を取り、営業マンに来てもらうのか決めます。何故なら、アウェーで交渉するのか、ホームで交渉するのかで、自分にも、営業マンにも少なからず影響が出ることが想像できます。自分の経験上、人によって違いが有るでしょうが、ホームでの商談は、若干ながら、心に余裕が生まれるようです。

交渉の流れとしては、他メーカーの競合車種も商談する、あるいはしたと営業マンに告げておきます。1回で契約する必要は全然ないのですから、腰を据えて交渉しましょう。値引き額が合えば契約するという、意志は強く伝えておきましょう。本気度が伝わればスムースに展開できます。本体価格を最初に交渉してから最後に諸費用の交渉をします。税金以外は交渉の余地があります。登録代行費用(車庫証明等)や下取り手数料など簡単に差し引いてくれそうです。

参考:ディーラーでの値引き交渉術