RSS

新車の値引きが出やすい時期

DSC_0724

新車購入は、「時期によって値引きが違う」ということが、よく言われています。
大きな値引きが期待できる時期と、値引きが引き出しにくい時期があるのです。
この時期を把握していくと、同じ新車でも大きな値引きで購入できる可能性が高くなります。

決算月

特に大きな値引きが引き出せると言われる時期に、3月の決算月があります。
この3月は1年を通じて最も値引きを引き出しやすい時期であり、日常的な値引きから数万円から10万円程度の違いが出るともいわれ、車種によってはそれ以上ということもあります。
この時期の購入を狙うならば、2月の後半辺りから自分の欲しい車を考えておきましょう。
そして実際に動き出すのは3月の初め頃からであれば、値引き率は上がっています。
新車の販売においては、申込書に記入していただいた時点では、ディーラーにとって売れたことにはなりません。
売れたことになるのは、ナンバープレートが発行された時点です。
ですから3月末ギリギリになって商談が成立しても、ディーラーにとってはすでに決算月の商戦は終わっています。
最高の値引きは引き出せていないはずです。

決算月の恩恵を得るためには

早めの決断を頂きたいと相手が一番願っている時期が、一番良い値引きが引き出せる時期です。
ナンバープレートが発行されたときに売上となることから逆算し、少なくとも申込書を3月末日の1週間前に挙げないと、決算月の売上になりません。
照準をこの時期に当てて、ディーラーも様々な施策を展開してきます。
値引き以外にもオイル交換やオマケなどで、大いに頑張ってくることでしょう。
ですから購買者も3月頭から動きだし、交渉を続けながら決定を3月後半に持って行くと、かなりワクワクするお買い物ということになります。

3月の決算月以外のお得月

9月の上半期の決算時期も、3月には及びませんが、ディーラーが頑張りを見せてくれる月です。
その次は夏のボーナス時期である6月7月、そして冬のボーナス時期となる12月が見せ場です。
3月の時と同じように、いつまでに申込書をあげると売上として反映するのかを考慮して、購入者も動きましょう。
この時期が近付いているときの試乗会に顔を出して、ホットなお客さんになっておくことも、手段としては効果的です。

ひと月の中で値引きが引き出せるのは

ひと月の中で、月末までに上がると見込めるお客様に対しては、営業マンも精一杯の見積もりを立ててくる可能性が高くなります。
ディーラーの営業も月末までの勝負ですから、その月の売上はなんとか上げたいところです。
月中に特に頑張りを見せてくれるはずですので、決算時期やボーナス時期以外では、この月末に照準を合わせた動きを心がけてみましょう。
登録車であれば月末、少なくとも1週間前には申込書を書ける時期に、軽自動車であればギリギリ1日前でもなんとかなります。
納車時のガソリン満タンなどのお願いも、この時期に交渉してみると、案外すんなり交渉成立になることも多いようです。